ストレスチェック


 「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。

労働安全衛生法が改正され、以下のとおり、実施が義務付けられました。


・ストレスチェックの実施義務のある事業場:労働者数50人以上の事業場

・ストレスチェックの対象者:常時使用する労働者(以下の要件を満たす者)

  1. 期間の定めのない労働契約により使用される者(期間の定めのある労働契約により使用される者であって、当該契約の契約期間が1年以上である者並びに契約更新により1年以上使用されることが予定されている者及び1年以上引き続き使用されている者を含む。)であること。

  2. その者の1週間の労働時間数が当該事業場において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の4分の3以上であること

・ストレスチェックの実施頻度:1年以内ごとに1回



50人未満の事業場でも、労働者健康安全機構などの助成金もあり多く行われました。


質問票のイメージについては、コチラ



ストレスチェック実施の流れ


①導入前の準備


②調査票の配布・記入


③ストレス状況の評価・医師の面接指導の要否の判定


④本人に結果を通知


⑤本人から面接指導の申し出


⑥医師による面接指導の実施


⑦就業上の措置の要否・内容について医師からの意見聴取


⑧就業上の措置の実施


集団分析


①ストレスチェックを実施したら個人の結果を一定規模(少なくとも10人以上)のまとまりの集団ごとに集計・分析


②職場環境の改善



労働者にとっての意義

1. ストレスチェックを受けることで、自らの状態を知ることができる

  • 自らのストレスの状態(ストレスがどの程度高まっているか)

  • 自らのストレスの原因(仕事上、どのようなことが原因になっているのか)

2. ストレスヘの対処(セルフケア)のきっかけにする

  • ストレスチェックの実施者から必要なアドバイスが行われます。

3. 高ストレスの場合、面接指導を受けることで、就業上の措置につながる

  • 仕事上のストレスの要isiniyo因を軽減するためには、面接指導を受けて、医師の意見を会社側 に届けることが重要。

4. ストレスチェック結果が職場ごとに分析されれば、職場改善にも結びつく



事業者にとっての意義

1. 労働者がメンタルヘルス不調になることを未然に防止できる

  • 全ての労働者にストレスチェックを受けてもらえるようにすることが重要。

  • 高ストレス者がなるべく面接指導の申出を行いやすくなる環境づくりが重要。

  • 面接指導の結果を踏まえた就業上の措置を適切に実施することが重要。

2. 職場の問題点の把握が可能となり、職場改善の具体的な検討がしやすくなる

  • 人間関係が原因となっている場合もあり、職場改善については、工夫が必要。

3. 労働者のストレスが軽減され、職場の改善が進むことで、労働生産性の向上など、経営面でのプラス効果も期待される



OHMEクラウドでは

ストレスチェックの準備から高ストレス者面談・集団分析まで

実施実務従事者と保健師、産業医がワンストップで対応可能です。

ストレスチェックのスポット料金は

基本料22000円(税込)

web受検料金 1名330円(税込)

マークシート受検 1名660円(税込)

ストレスチェック実施者(産業医)1回11000円(税込)

高ストレス者面談 1回 16500円(税込)

集団分析 1分析2200円(税込)



関連記事

すべて表示