4つのメンタルヘルスケア

①セルフケア

②ラインケア

メンタルヘルスにおける「ライン」とは?職場の上司や労働者を指揮命令する人のこと

ラインによるケアの取り組み

・職場環境の把握と改善

・部下からの相談への対応

・専門機関との連携

・復職者の支援

・「いつもと違う」部下の把握(上司と共に同僚が気づくことも重要です)

周囲の人が気づく「いつもと違う症状」

・仕事の能率の低下

・ミスの増加

・会話の減少

・急に身なりが不潔になる

・判断力の低下

・遅刻、欠勤の増加

・表情、顔色が暗い

・体調不良が続く

その他に、しゃべり続ける、疲れを見せず残業を好んで行う、急に羽振りがよくなるなどもあります(躁状態)

③事業場内産業保健スタッフ等によるケア

職場内の産業医・保健師・衛生管理者・人事労務担当者などが該当します。

取り組み

・具体的なメンタルヘルスケアの実施に関する企画立案

・個人の健康情報の取り扱い

・事業場外資源とのネットワークの形成やその窓口

・職場復帰における支援

④事業場外資源によるケア

事業場外の機関、専門家が該当します。(社外健康管理室こころめいとが該当します。)

関連記事

すべて表示